生涯における家族として動物を迎え入れるということ。

私が高校生の頃、初めて犬を飼いました。
幼少時にいたペットはインコやハムスターなど小動物ばかりでしたので犬を迎える際はやはり違った意味での嬉しさと責任がのしかかりましたね。
当時父母の仲が悪く家庭内に寂しい空気も流れていた我が家。
その子が来てくれたおかげで家の中にパッと一輪の花が咲いたような明るさを取り戻しましたのも覚えています。
子犬特有の愛らしい動きは、どれだけ見ていても飽きることなく一躍家族のアイドルとなったのは言うまでもありません。
それから15年間の生涯を一生懸命生きてくれた愛犬はいつも私の傍で、嬉しい時や悲しい時も共に歩んでくれていたような気がします。
最後の数年間は患った癌の闘病で辛い思いもさせましたが今思えば、その子の最期をちゃんと看取る事ができて良かったと思ってます。
ペットを飼うということは、その子の一生涯の責任を負うことだということを改めて実感した月日でした。
ペットブームともてはやされている昨今、今一度、ペット=家族ということを認識していきたいと思った次第です。

ペットがいる生活

最近はペットブームで、ペットを飼う人も多いですよね。
ペットが飼えるマンションは人気があるようで、ペットが飼えるかどうかが物件選びの条件いなっている人も少なくありませんよね。
私もいつかマイホームを持ったらペットを飼いたいと思っています。
子供のころ、実家で猫を飼っていた経験があるのですが、ペットがいる生活ってとっても癒されるんですよね。
疲れて帰ったり嫌なことがあってもペットを見ると、忘れられたり癒されたりします。
ペットを飼うというのは簡単な事ではありませんが、子供にとっても生き物がいるというのは良い教育になるのではないかと思います。
命の温かさに触れるのは、子供に良い影響がありそうです。
自分自身ももう一人の子供がいるようで人生にハリが出そうですよね。
ペットショップに時々行くのですが、ペットと人にも相性があるみたいですね。
友人も犬を飼ったときに、びびっときて選んだと言っていました。
家族の一員になってくれるような出会いがあるといいです。