幼少時の思い出は色あせない。私とインコの絆物語。

我が家は昔からペットと共存している家庭でした。
私が物心ついた時には家に手乗りインコがいました。
人に良く慣れており、とにかくいつも私の肩に乗っている可愛い小鳥でした。
しかしある時、私が肩に乗せたまま庭に出た際に何かの物音に驚いたインコがその場から飛び立っていってしまいました。
その時の寂しさといったら今でも忘れません。
当時はパソコンもなく、インターネットなどで情報を得ることもできなかったので母と二人似顔絵を描き、スーパーや民家に貼らせてもらうお願いをしにいきました。
母は大人の感性でほぼ諦めていたようですが私は小学生ということもあり現実を受け止めることができずどうしても諦めることはできませんでした。
いなくなった後もずっと信じて待っていた記憶があります。
でも、そういう時の強い想いって本当に通じるんですね。
10日ほどしたある朝、家の庭の松の枝に止まっているのを発見したのです!あの時の驚きと感動は、その後の私の人生の中でもトップ10に入るほどです。
何せ、一度飛び立っていった小鳥が再来したのですから。
その後我が家に戻り、寿命まで一緒に暮らすことができたそのペットの小鳥のことは大人になった今でも微笑ましいエピソードとして私の子供や友人に語っている話です。

日本で人気のペットランキング

今年の秋に某保険会社が行った調査では、日本で現在飼われている、すなわち人気の高いペットのランキング第1位に輝いたのは、やはり犬でした。
犬の中でも、トイプードルとミニチュアダックスそしてチワワが3強で、ここ数年人気ランキングのメダルを独占しています。
犬は総じて飼い主に忠実で愛くるしく、よく言う事も聞いてくれるので、人気があるという事でしょうか。
第2位は予想通り猫です。
猫好きの方は、猫が首位の間違いだと思うほど、猫に首っ丈です。
種別では、良く見かけるようになったアメリカン・ショートヘアがトップで、神秘的な雰囲気のロシアンブルーや日本猫が上位に来ました。
人間に媚びずマイペースでありながら、気まぐれにじゃれてくるところが、可愛くてたまらないようです。
犬と異なり散歩がいらないのも人気の理由に挙がっています。
第3位はハムスターです。
ペットを飼えない集合住宅に住んでいる人などに人気です。
最近はハムスター人気から派生して、ハリネズミなども人気が出ているようです。
4位以下は、ウサギやフェレットなど小柄な動物が続きます。
セキセイインコなど鳥を飼っている人も多いようです。
ペットがいると癒される、これは真実ではないでしょうか。